2010年02月07日

お友達を押したり叩いたりする

質問 お友達を、押したり叩いたりします。(2歳6ヶ月)

答え  わが子が、お友達を押したり叩いたりすることで、
悩んでらっしゃる方は、意外に多いようです。
特に、2〜3歳という年齢は、発育上、
こういった悩みが出やすい時期ですから、
あまり心配しないでくださいね。

子どもが友達を叩いたら、「駄目でしょ!」と、
強く叱ってしまいがちだと思いますが、どうですか?

もちろん、
叩いたらいけない事を教えるのは大切ですが、
それよりも、もっと大事なことがあるんです。


それは、

その時(叩いてしまった時)の気持ちを受け止めること。

お子さんは、ただ乱暴したのではなくて、

“おもちゃを取られたから”
“急に近くに寄ってきたから”

など、叩いてしまった理由が、必ずあると思います。


その理由を、しっかりと認めて、受け止めてあげましょう。


叩いたらいけない事を教えるには、

「叩いちゃ駄目でしょ!ごめんなさい言いなさい!」
と、叱るより、

「このおもちゃが欲しかったの?」
と、理由を受け止めることからはじめた方が、
ずっと効果がありますよ。

そのうえで、
「〇〇ちゃん泣いちゃったね。叩いたら痛いんだよ?」
と、相手の子の状況、手段のマズさを教えてあげる。

「欲しいときは、かしてって言おうね?ごめんなさいしよっか」
と、正しい手段、仲直りの方法を伝える。

この方が、叱るよりも、ずっと心に響くと思います。


また、このとき、
「ごめんなさい」が言えなくてもいいんです。

強要され、言葉だけ言えたところで、
本人に、悪かったという気持ちが無ければ、
同じ繰り返しになってしまいますから。

こういう言葉は、言えずに叱るよりも、
言えたときに、褒めてあげましょう。

また、本人が言えなければ、おうちの方が、
お子さんの見本として、
「ごめんね?」と、代わりに謝れば大丈夫。

その姿を見せることで、
「こういうときは、「ごめんね」と言えばいいんだな」と、
だんだんと分かっていくものですよ。

posted by まる at 11:32 | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。