2009年06月07日

乱暴な言葉や、下品な言葉を使いたがる

質問  最近、「オレ」「お前」「〜だろ」などの乱暴な言葉や、「うんち」「おっぱい」など、下品な言葉を使うようになりました(2歳10ヶ月)

答え  言葉数が増えてくると、同時に、
親が使って欲しくないものも増えますね。

お子さんは、どうしてそのような言葉を使いたがるのでしょうか?

もちろん、誰かを傷つけるような言葉を使ったときには、
それがどんなに相手を傷つけるのかを真剣に伝え、
2度と使ってはいけないと、言い聞かせることが必要です。

ですが、それ以外の言葉については、
子どもが、何故、その言葉を使いたがるのかを考え、
理由によっては、寛容になってもいいのではないでしょうか。

例えば、「オレ」「お前」という言葉は、
パパが使っているのを聞いて、大人に対する憧れから、
自分も使ってみたいと、真似しているのかもしれません。

理由が憧れからきているものなら、子どもを叱ることはせず、
周りの大人が、乱暴な言葉を使わないように気をつけたり、
子どもには「先生の前では「ボク」って言おうね」など、
状況に応じて、注意を与えながら、対応すればいいと思います。

また、子どもは、周りの影響を受けやすいので、
テレビや雑誌などの情報源は、子どもに悪影響を与えないものを、
親が、取捨選択することも必要になってくるでしょう。

「うんち」や「おっぱい」などの言葉は、
それを使うと、周りが反応するからだと思います。
相手の反応で、ますます使いたがることもありますから、
過剰な反応はせず、一過性のものと考えていいと思いますよ。

タグ:2歳 言葉
posted by まる at 11:42 | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。